相模原駅近 - 良く噛める入れ歯をご提供する歯医者さん - ひまわり歯科

お気軽にお電話ください

042-730-6686

ご予約・お問合せ・ご相談はこちら

よくある質問

高い入れ歯でも、残りの歯がダメになったら作り直すのですか?

安心してください。入れ歯の利点を活かして予め修理が可能な設計でお作りします。

入れ歯の利点は、後々設計など変更が出来るよう対応できることです。事前に残っている歯の検査や診断を正しくすることで、たとえ残っている歯がダメになっても大掛かりな修理やなどせず、長く入れ歯を使用していただけます。患者様の将来も考慮し、困らない治療・自分なら、自分の家族ならどのような治療を受けたいかなど、常にその理念で治療を行っています。

別の歯医者で作った入れ歯が痛くて、合っていないようです。「入れ歯はこんなもの」と割り切って使うしかないのですか?

快適に食べられる・機能をはたしてこそ「入れ歯」です。

歯科医院に行くと治療の説明などもなくいきなり治療を始められてしまったり、要望を聞かれることも無いなどそのような声を多く聞きます。入れ歯を作ったものの、適切な形をしていなかったり、調整が不十分なままで終わってしまったりしたせいで、「痛い」「噛めない」「すぐ外れる」「見栄えが悪い」といった不満を抱えている方は多くいらっしゃいます。

正しく製作・調整された入れ歯でなら、硬いおせんべいやたくあんなどもしっかりと噛むことができます。

お口は第一消化器官とも言われるほど大切なのです。

当院では、たとえご自分の歯が少なくなっても「毎日、ご飯を美味しく食べられるようになりたい!」「見た目が綺麗でありたい!」とお考えの患者さまの気持ちに応えるため、入れ歯作りにこだわっております。

患者さまのお口にピッタリ合うだけではなく、その一歩先にある、生活の質を向上させる入れ歯作りに取り組んでおります。「入れ歯はこんなもの」とあきらめてしまう前に、まずはお気軽にご相談ください。

入れ歯にするかまだ悩んでいます。相談に乗っていただけますか?

はい、一緒に治療法を考えていきましょう。 

患者様にとって価値のある歯科治療とは何でしょうか。当院では、治療を進める前のカウンセリングの時間を大切にしております。まずは今のお悩みを詳しくお聞きし、レントゲン撮影や歯ぐきの検査など、必要な診査と細かな分析を行った上で、今後の治療の選択肢をご提示いたします。

歯を失ってしまった場合の選択肢は、入れ歯以外にも色々あります。歯を失った部分の前後の歯を繋いで作る固定式のブリッジや、失った歯の部分にチタン製のインプラントを入れる方法など様々です。

患者さまのご希望と照らし合わせながら、快適に噛めること、自信を持って笑えること、歯の悩みをなくすことなど、良い状態が長く機能する為の治療方針を立案しますので、後はご自身でお選びいただき双方合意の上で治療を進めていきます。

他院での治療方針に納得がいかない場合の、セカンドオピニオンがほしいというご相談でもかまいません。まずはお気軽に当院までお問い合わせください。

入れ歯が分厚く違和感がありで話しにくく、食事も味が感じられません。 保険の入れ歯よりも、自費で作った入れ歯の方がよく噛めるのでしょうか?

自費で製作する入れ歯は、材料や製作工程・時間などにとらわれず作ることができます。

保険適用内で作る入れ歯はレジンというプラスチック素材で作るため、入れ歯の強度を確保するために2~3ミリと分厚くなります。そのため、口の中が狭くなってしまったり、飲み込みにくい・発音しづらいといったご不満をよく伺います。当院では保険の入れ歯であっても、噛み合わせの調整や修正などをし、これらの不具合に可能な限り対応しておりますが、現状の保険制度のなかでは使える材料や治療法に限界があります。

一方、自費で作る入れ歯の場合、基本的に入れ歯に使用する材料の制限がないので「よりよく噛める入れ歯」を作る為に、トレーニング用入れ歯などで噛み合わせを適性な高さに戻し、顎の筋肉の回復を図り「よりよく噛める入れ歯」を作ることが出来ます。本来、入れ歯の役割は単に失った歯の代わりをするだけではなく、最大の目的は「おいしくご飯が食べられる」状態にすることです。加えて見た目を美しく整え、発音の回復などを助けることも大事な役割です。

また、お口の中で大きな面積を占める部分に金属を使用できるため、非常に丈夫で、徹底的に薄くすることができ、プラスチックの入れ歯に比べて違和感が少なく温かいものを召し上がられた際には熱を感じやすく、美味しく食事を楽しむことがでます。

入れ歯はどのくらいの期間でできあがりますか?

だいたい1~2ヶ月くらいでできます。

拝見したときのお口の中の状況によって異なりますが、入れ歯を作る前の下準備が終わって、型取りをしてから1~2ヶ月で完成となります。詳細は別ページの「入れ歯治療の流れ」をご参照ください。新しい入れ歯ができるまでは、今お使いの入れ歯を少しでも使えるよう修理いたします。

新しい入れ歯を作っている間は、入れ歯なしで生活しなければいけないのでしょうか?

新しい入れ歯を作製中は今の入れ歯を調整したり、仮の入れ歯を製作して使ってもらいます。

新しい入れ歯ができるまでは、今お使いの入れ歯を使えるよう修理をしたり、仮の入れ歯を製作することができるので歯がない状態にはなりません。食事ができなくなったり、しゃべったりできなくなることはございませんのでご安心ください。

人と話したりするときに、入れ歯と気づかれたくないのですが…。

笑った時にも目立たない入れ歯をご用意しています。 

お仕事が接客業であったり、ご友人とおしゃべりしたりするときなど、どうしても見た目が気になってしまいますよね。保険適用で作る入れ歯の場合、総入れ歯以外は基本的に金属の留め金(クラスプ)がないと安定しないので、口を開けると留め金が目立ってしまうことがあります。当院では見た目に考慮した「ノンクラスプデンチャー」をお作りすることができます。

※「ノンクラスプデンチャー」とは、入れ歯を安定させる為に必要な金属の留め金(クラスプ)を樹脂にした入れ歯です

金属アレルギーがあるのですが、金属を使わない入れ歯ってあるのでしょうか?

はい。金属を使わない入れ歯もご用意しております。

金属アレルギーへの対応として、当院では「ノンクラスプ・デンチャー」という、金属の留め金のないタイプの入れ歯をご案内しております。

保険外(自費)の治療になりますが、金属アレルギーなどの心配もなく、ご自分の歯のような綺麗な入れ歯ができますのでお気軽にご相談ください。

※「ノンクラスプデンチャー」とは、入れ歯を安定させる為に必要な金属の留め金(クラスプ)を樹脂にした入れ歯です

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

042-730-6686

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはこちら

無料相談会のご案内

「入れ歯」の悩み無料相談会

開催日:
2021年08月18日

「入れ歯」の悩み無料相談会

アクセス

042-730-6686

住所

〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原5-5-1-1F

JR横浜線「相模原駅」より徒歩7分

お問合せはこちら

以下のページも
ぜひごらんください

  • 入れ歯治療の特徴

    入れ歯治療の特徴

    当院の入れ歯治療の特徴について、詳しくご説明しています。
    違和感が少なく、より良く噛める入れ歯をお作りするほか、お口のリハビリや入れ歯のメインテナンスにも対応しています。

    入れ歯治療の特徴を詳しく見る
  • 入れ歯治療の流れ

    入れ歯治療の流れ

    ご来院から、カウンセリング、入れ歯治療の流れをご案内します。
    お口の状態や治療内容によっては、変わってくることもありますのでご了承ください。

    入れ歯治療の流れを詳しく見る
  • 入れ歯の種類・料金表

    入れ歯の種類・料金表

    当院で扱っている入れ歯の種類をご案内します。
    保険診療による入れ歯のほかに、自費診療で行う入れ歯治療にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

    入れ歯の種類・料金表を詳しく見る
  • 入れ歯治療に関するよくある質問

    入れ歯治療に関するよくある質問

    患者さまから寄せられる、よくあるご質問にお答えしています。
    こちらに掲載されていないことでわからないこと・知りたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

    入れ歯治療に関するよくある質問を詳しく見る
  1. トップページ
  2. よくある質問
ひまわり歯科公式ホームページ
ページのTOPへ戻る スマホメニュー